November 10, 2019

猫だっけ?

おば~ちゃんの「お嬢」は、おじ~ちゃん?のおとんがお家にいる時は、おとんの後を追いかけて歩くのです。

おとんの番?介護?してるような・・・

白内障で目が見えない「お嬢」は、時々おとんの移動がわからなくなり、焦ってうろうろして、

あっちにこつん、こっちにこつん、と。

Img_0167side  なので、鈴を買って、ゴムに付けて、おとんの腕につけました。

 「お嬢」にも、おとんが手に鈴をつけている事をちゃ~んと教えてあげたからか?

いい感じで、おとんの介護が出来るようです!

| | Comments (0)

November 07, 2019

お散歩

2019111down

 それなりにさみゅいのに、朝6:30くらいから神社までお散歩するおとん。

 往復、約30分。

 お出迎えすると、ボディ6mmの「ちび」が元気よく走ってきやした。

 ボディ8mmの「お嬢」は、バッグの中のまま。

 「お嬢」は、おば~ちゃやから半分バッグで、半分歩くはずなのに・・・

 「寒くて、歩かすのかわいそうだから・・・」とおとん。

 「お嬢」には、とことん甘いおとんでした!

 

| | Comments (0)

November 05, 2019

トリミング

Pupu20191030tile

 トリミングしやした。

 「お嬢」は、ボディ?8mmにカット。

 しか~し、さみゅかったのか?震えていたので、ちゃんちゃんこ登場。

お顔のかわゆい表情は、しゃり~ん♪出来たのですが、ちゃんちゃんこのままお食事が終わると爆睡。

なので、全体がどう綺麗になったのか?は、ありません。

「ちび」のボディ?は、いままで通りの6mmにカットしたのに、元気なかわゆいお顔にふわっふわ。

しか~し、「お嬢」のちゃんちゃんこに対抗して、「あたしも、ちゃんちゃんこ着るでしゅ!」となり、

ちこっと早い、ちゃんちゃんこの日となりましたとさ。

| | Comments (0)

October 31, 2019

どっちが?

Pupu20191025down_20191128211001

 おとんが帰って来る前には、枕の真ん中で寝ていた「お嬢」

 しか~し、夜におとんと寝る時は、枕をおとんに渡して、

 おとんの腕まくまで寝る「お嬢」でした。

 枕は、誰の物?

 それぞれが自分の物だと思ってるんやろうなぁ・・・

| | Comments (0)

October 27, 2019

お散歩

20191027tile

 近くの広場?での、「住宅デー」でお仕事しているおとんを見に?お散歩。

 行きに歩くのは、「ちび」。

 (「お嬢」は、ゲージの中です。)

いつもの様に、それなりに歩く「ちび」ですが、尻尾は下がってます。

おとんのお仕事を確認?した帰り道から「お嬢」が散歩に参加。

しか~し、「お嬢」は、お散歩始めるなり、クンクンクンクン。

「ちび」はクンクンしないので、「お嬢」のクンクン待ちで、時々待機しています。

二人で一緒に歩いても、「ちび」の尻尾は下がったまま・・・

いつになったら、お散歩で「ちび」の尻尾が上がるのかしら?

 

| | Comments (0)

October 22, 2019

馴染んでます?

Pupu20191016side

 寝てる?「お嬢」を抱っこしたおとん。

 その隙を狙って?「お嬢」の椅子にちょこりんと収まってる「ちび」

時々、この椅子に座る?収まる?んやけど、いまいち居心地よくなさそうに見えるのは、

あたしだけかしら?

 

| | Comments (0)

October 19, 2019

どうしたのかしら?

11日、娘がやって来た。

Pupu20191011side  いつもなら、玄関で必要な事を済ませて帰るのに、この日は「お嬢」と「ちび」との仲良しさん。

 さっさと娘の所に潜り込んだ「お嬢」

出遅れたけど、何とか仲良ししたい「ちび」

娘がおやつを出したら・・・ますます「何とか、頑張らないと!」と精一杯いい子のふりをする「ちび」です。

最近しなくなった数少ない芸?を一生懸命頑張って、おやつを貰ってましたとさ。

そして、12日。

台風19号への不安から一人暮らしをしている娘が、我が家に避難して来る!はずだったのが・・・

前日、「お嬢」と「ちび」と遊んで、目が腫れちゃたと。

一緒に暮らしていた時は、何ともなかったんですよ。

本人曰く、年齢を重ねたワンコたちがあかんのではないのか?と。

ダンス仲間のワンコたちも以前んは大丈夫だったのに、年齢を重ねて来たらやっぱりあかんようになってきたそうな。

そして、ピッチピチの親戚のワンコとお正月に一緒に過ごした時は、何ともなかったと。

で、娘の避難先は、我が家でなく親戚のお家となりました。

優しい親戚のママは、快く娘を迎えてくれたけど、すぐ近くに来てるのに我が家に来ない娘におとんは納得いかないお顔を

してましたとさ。

 

 

| | Comments (0)

October 17, 2019

何で?

さみゅくなたので、それぞれのお家をゲージの中へ。

20191017tile

 まず、「ちび」が「お嬢」のゲージの中に入って、「お嬢」のお家の中にちょこりん。

 お顔、かわゆいですよ!

 しばらくすると、「ちび」は自分のゲージに。

「ちび」がいなくなったゲージに入った「お嬢」

「ちび」がいたのがいまいちお気に召さなかったのか?お家がお気に召さなかったのか?

取り合えず、ゲージから撤収してしまいましたとさ。

自分のゲージに戻った「ちび」

「お嬢」のお家の中には入るのに、自分のゲージの中のお家は・・・あっという間に潰してしまいましたとさ。

 

 

| | Comments (0)

October 12, 2019

あらら・・・

Pupu2019106

 おとんの爪切りを、な~んとなく邪魔する「お嬢」です!

| | Comments (0)

October 04, 2019

僧帽弁閉鎖不全症

「お嬢」の心臓に雑音があるので、心臓のエコー。

Dsc_0567side

 僧帽弁閉鎖不全症と。

 僧帽弁は、左心室と左心房の間の弁で、左心室から大動脈へ血液を送り出す時に、

 血液が左心房へ逆流するのを防いでいます。

この弁が変性し、上手く閉まらなくなると、血液が左心室から左心房に逆流する。

僧帽弁が上手く閉じなくなると、血液の一部が逆流してしまうことで、全身へ上手く血液を送り出せなくなります。

初期の段階では、心臓が頑張って働くことにより、全身に影響はない。

しかし、頑張り続けた心臓が限界を迎えると、血液を十分に送れなくなり、心不全の状態となる。

で、心臓の負担を軽くする為の強心剤を飲む事に。

そして、塩分が良くないので、フードも変更。

気を付けるのは、呼吸回数。

基本の呼吸回数の2倍になったら、すぐに病院。

Pupu2019917  飼い主、結構びびってるのに、「お嬢」はあたしのジーパンの上ですやすや。

 一緒に、頑張りましょうね!

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧