« あげもち | Main | 子供たち »

March 11, 2011

地震

パソコンさんに向かっていると、プリンターさんがガタガタガタガタ。
地震。
「お嬢」は、この時間和室のゲージの中にいるのでなんとかなる!
おとんから電話。
「大丈夫!」と聞かれて「いや、電話は無理!」と電話を切ってとりあえず窓を開けてやっぱりプリンターを押さえてました。
今まで経験した地震の中で一番揺れて怖かったけど、3階建てのマンションの1階だったからなのか?何も落ちたりする事はありませんでした。
運良く家から5分程の事務所にいたおとんがすぐに帰宅。
(事務所では、パソコンさんのモニターが倒れて置いてあったメガネが壊れただけですみました。)
「和室の箪笥は倒れないとは限らないから、揺れたら外に避難しないとダメ!」と言われました。
その後、2回程大きく揺れた時は「お嬢」を抱っこして外へ。
さみゅいからなのか?揺れるのが怖いからなのか?しばらく震えてました。
それでもお部屋に戻って「大丈夫だよ!」と声をかけながら抱っこしたら震えはおさまりました。
今日、娘は新横浜のダンススタジオにいるはず。
一人暮らしの息子は、何をしてるのかわかない。
14:55に「大丈夫?」のメール。
15:30に娘から、「大丈夫。公園に避難してる。」と。
息子からの連絡はなし。
17:03に娘から、「全員無事確認!」と。
息子は、地震の揺れで起きて、歩いて中目黒のバイト先に行ったそうです。
Horz_2
夕方一度帰宅したおとんが、和室の箪笥を倒れないようにする為のつっぱり棒とプリンターを固定して転倒防止するマットを買って来てくれました。
早速つっぱり棒は取り付け。
今宵は、安心して「お嬢」と一緒に和室で寝る事が出来ます。
電車が止まってしまったので、娘は新横浜のスタジオに宿泊。
ビル3階でかなり怖い思いをしたのか、何度もメールが来ました。
「揺れたら、すぐにププを連れて避難してね!」と。
メールは、センターに何度も問い合わせをして確認しないとダメ。
こちらから送るメールも1回で送信出来ない事が何度もありました。
それでも、連絡が取れるだけで、安心できます。
あたしの実家の静岡県藤枝にいる両親は、少し揺れただけで大丈夫だったそうです。
心配だったのは、仙台にいるおとんのおにいちゃま。
自宅の電話は呼び出し音が鳴るだけで、携帯は全く繋がりません。
それでも、夜公衆電話から「電気・ガス・水道の全てダメだけど、みんな元気だから。」と連絡がありました。
本当に、よかったです。
まだまだ仙台は、寒いはず。
電気・ガス・水道が使えない生活・・・想像出来ません。
少しでも早く、電気・ガス・水道が使える事を願うばかりです。
そして、いろいろな地震のニュース映像がある中、あたしが1番ショックだったのは家から避難するのにわんこを避難場所に連れて行く事が出来ないので、首輪をはずして家の中に置いて避難したそうです。
わんこを置いて避難しなければいけない家族。
家族なのに置いていかれたわんこ。
どうにもならないのかなぁ。
我が家がある品川区は、とりあえずペットも避難所に連れて行く事は出来ますが、人とペットは別の場所。
でも、これは基本のルール。
避難場所ごとに、別のルールがあってもいいそうです。
真剣に、「お嬢」と一緒にいられるルールを作ってもらう方法を考えます!

|

« あげもち | Main | 子供たち »

トイプードル:「お嬢」(pupu)」カテゴリの記事

子供」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78503/51118630

Listed below are links to weblogs that reference 地震:

« あげもち | Main | 子供たち »